2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンタのチキン再現編

先日、発見したAlternative Gourmet ~ おるとグルメに出ていたケンタッキーのフライドチキンの味を再現するを今回のBBQで試してきましたよ。

自分のダッチオーブンでやろうと思っていたけど、今回、知人が、スキレットを新しく購入されたので、慣らしの意味も含めて、フライドチキンは、スキレットで行うことにした。新品のスキレットやダッチオーブンには、こうやって油を染み込ませて育てていく楽しみがあります。ガンガン焼いてブラックポット化を目指しましょう。

さて、肝心なレシピから
ケンタッ○ーフライドチキンの秘密にせまる パートⅦ・・・レシピ公開を参考に手に入ったハーブや香辛料を元にして作ってみたので、完全な再現ってわけではないです。

<材料>
若鶏手羽中 12本

【揚げ油】
○サラダ油 底から1cmくらいの量

【つけ液】
■塩~大さじ2杯くらい
■水~1カップ(180cc)
■黒コショウ(パウダー)ひとふり
■ガーリックパウダーひとふり
■ナツメグひとふり

【つなぎ液】
◆コーンスターチ~大さじ2
◆卵1個
◆牛乳~適当

【ハーブフラワー】
◇薄力粉~3/4カップ
◇強力粉~大さじ3
◇塩~小さじ1/2
◇白コショウ(粉末)~ひとふり
◇ガーリックパウダー~ひとふり
◇セージ~ひとふり
◇ナツメグ(粉末)~ひとふり
◇クレイジーソルト~小さじ1
◇パプリカ~ひとふり

・■を混ぜ、手羽中となじませる。出かける日の朝に仕込むんでみた。◆を混ぜ、つなぎ液を作る。◇を混ぜる。これも前日の晩に仕込んでみた。さすがに現地にこれだけの香辛料とかを持ち込むのは、面倒なんで・・・。そして、手羽中をつなぎ液に入れてから、フラワーに入れて、衣をつける。
IMG_0176s.jpg


・スキレットをプレヒートさせてから、サラダ油を底から1cmくらいはる
IMG_0177s.jpg


・サラダ油が、温まってきたら、いよいよ、鶏肉を投入
IMG0001s.jpg


・さて、蓋をして10分ほど放置しましょう
IMG0002s.jpg


・10分ほどしたら、蓋を取って、衣に揚げ色をつけるのと余分な水分を飛ばすために鶏肉をひっくり返しながら、さらに5分ほど揚げます。
IMG0003s.jpg


・そして、完成!
IMG0004s.jpg


さて、お味の方ですが、衣は、ケンタのチキンのようにサクサク感とハーブ感に関しては、いい感じで再現できてました。ただ、レシピ通りに香辛料を入れなかったので、今度はちゃんと入れてみようかな。あと、手に入らない香辛料があったので、クレイジーソルトで代用したけど、塩もレシピ通りの量を入れていたので、ちょっと塩辛っかった。次回は、もう少し、塩分を控えめにしようと思う。そうそう、香辛料とかですが、スーパーとかで揃わない時に、ちょっと百均でも覗いてみてください。意外にも色々な香辛料が置いてあるので、そこそこ揃ってしまったりしちゃいますよ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuyan.blog3.fc2.com/tb.php/99-707f95c7

「ダッチオーブン」でブログ検索してみました。

「 ダッチオーブン 」の検索結果で、「blogはじめました .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。

«  | HOME |  »

Google

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ますやん

ますやん

(・∀・)ノィョ-ゥ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。