2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついてない

大ピンチ!俊輔、6月W杯予選離脱も…恥骨結合炎の疑い

【ローマ17日】セリエA・レッジーナの日本代表MF中村俊輔(26)に「恥骨結合炎」の疑いがあることが17日、明らかになった。6試合ぶりに欠場した16日のASローマ戦(アウエー)前に両股関節に痛みを感じたという。フィオレンティーナMF中田英も昨季終盤から同じように股関節付近、右足付け根痛で長期離脱を強いられたばかり。06年ドイツW杯アジア最終予選のヤマ場、6月のアウエー2連戦に向け、ジーコ・ジャパンが大ピンチだ。

 セリエA・最後の牙城が崩れてしまうのか。俊輔がローマ戦で6試合ぶりの欠場。その原因が股関節周辺の痛みにあることが、チーム関係者の証言で明らかになった。

 同関係者によると、俊輔は先発出場した10日のパルマ戦後に痛みを訴えたという。「何年か前にもあって、またぶり返した様子だ。無理はできない」としており、01年5月に発症した両股関節内転筋付着部炎と同じ症状と説明。「恥骨結合炎」の疑いもあり、6月のW杯最終予選出場に黄信号が灯った。

 股関節の痛みには、昨季終盤からMF中田英も苦しめられた。恥骨結合炎までは至らない軽度の症状だったが、それでも昨年3月31日のシンガポール戦を最後に、今年3月25日のイラン戦で復帰するまで約1年間も代表戦から離脱した。

 股関節周辺の故障はサッカー選手の“職業病”ともいわれ、恥骨炎は厳しい連戦での疲労などから骨がすり減って痛みを発症する。セリエA、代表と連戦続きだったことが影響したとみられ、程度は不明。今後の精密検査で全治などは判明する。

 4連敗中だったチームは、俊輔抜きの布陣でローマに2-1で勝ち連敗を脱出。地元紙では“俊輔バッシング”も盛んに行われている。そんな中で判明した長期離脱の不安…。クラブ側が欠場の理由を『筋肉の疲労』と発表した通り、短期間の休養で痛みが和らぐ軽症なら問題ないが、今後の成り行きに大きな注目が集まる。

 17日の練習では別メニューとなった俊輔。ジーコ体制下での単独指令塔先発試合では10勝3分けと無敗を誇る。“ファンタジスタ”のピンチは、そのまま日本代表に暗い影を落とす。

ソース http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050418&a=20050418-00000007-sanspo-spo

俊輔、ホントについていないな
まだ、正式発表がないから詳しいことはわからないけども、俊輔がトップ下から、この時期に抜けるのは痛いな
今の日本代表は、昔みたいにサイドから崩して得点よりもセットプレーから得点の方が、今は、得点力高いからなぁ
仮に俊輔がダメだった場合、トップ下は誰がやるんだろうか?
中田英、小野、小笠原ってとこだけど、5月のキリンカップでは、彼らではなく、新しい力を試してほしい。ジーコの海外組ヽ(´ー`)ノマンセーな姿勢は、どうも好きになれん。Jでも十分に活躍している選手もいるし、五輪組からひっぱってきてもいい頃なんじゃないだろうか

もちろん、個人的には、俊輔に戻ってきてほしいけど、最悪の事態にそなえることを、そろそろ現有戦力以外を試す時期ではないだろうか

コメント

初めまして、突然申し訳ありません。

この度、「週刊!ブログランキング」を開設致しました。
貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いブログだと感じました。
是非、当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?
http://kutsulog.net/
初期の登録運営者様はライバルも少なく、ランキング上位サイトとして後々の訪問者数が期待できる事と思います。
当サイトも登録をお願いするだけのランキングサイトではなく、SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行っております。
(ping受信に対応しておりますので設定して頂ければ投稿記事タイトルに反映されます)

宜しくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuyan.blog3.fc2.com/tb.php/76-31ff1ef0

«  | HOME |  »

Google

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ますやん

ますやん

(・∀・)ノィョ-ゥ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。