2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノッサの屈辱

1990年代まだ深夜番組が、まだ、おもろかった時代に
放送されていた「カノッサの屈辱」が一夜限りの復活

映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」の
番宣(映画だから番宣は正しくない?)を兼ねていた。

教授役は、昨年亡くなった仲谷さんに変わって伊武雅刀
鵜飼教授かよって感じだったが案外しっくりきていた。
2000年末には、仲谷教授から西岡徳馬が引き継いだはず
なんだがあれはなかったことなんだろうか?

今回のテーマは携帯電話の歴史。
一応、携帯には詳しいつもりなので期待しながら見ていたが
内容は、放送当時昔ほどのインパクトがなくCMだらけで残念。

テーマ的には扱いやすいだろうしネタは豊富にあるのにPHSも
たいして取り上げられず、携帯の影響を受けて消えていった
ポケベルや公衆電話の扱いもないし、ちょっと、内容としては
薄かったなぁ

さらに残念だったのは、デジタル携帯が始まった頃は
ドコモ、IDO、デジタルフォン、ツーカーだったのに
ドコモ、IDO、Jフォン、ツーカーで説明されていた。
初期のデジタルフォンユーザーとしては悲しかったぞ

あっ、最後におもろかったのは製作が日本テレワークスw
これは、実況も一気に加速したw

とりあえず、HDDに撮っておいたから保存しとくか

いつか、DVD化されないかなぁ

コメント

本田曹操一郎が出てくる自動車三国志の回が好きだったなー。
DVD化してないのかな。

あぁ、ありましたねw
昔は、センスよかったのに

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuyan.blog3.fc2.com/tb.php/566-5a2a19f9

カノッサの屈辱2007 バブルへGO!!SP

私の研究室へようこそ1990年4月~91年3月まで放送され、「やっぱり猫が好き」「カルトQ」「たほいや」「TVブックメーカー」「地理B」などと共に、フジテレビの深夜番組黄金期を支えたといっても過言ではない「カノッサの屈辱」が映画『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式

カノッサの屈辱2007 ~名作はいつまでも名作なのです~

「カノッサの屈辱」が一夜限りの復活。 まずは、フジテレビのHP情報から 1990年4月~91年3月まで放送した伝説の番組「カノッサの屈辱」。かつてフジテレビの深夜バラエティで大人気を博し、フジテレビ深夜番組の黄金期を築いたこの番組が、来月2月5日(深夜1:08~1:59)

«  | HOME |  »

Google

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ますやん

ますやん

(・∀・)ノィョ-ゥ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。