2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッソブーコ

今回は、イタリア ミラノの代表料理・牛スネ肉の煮込みである
オッソブーコをダッチで作ってみた

材料
牛スネ肉600~800g、小麦粉、レモン少々、イタリアンパセリ少々
にんじん1本、たまねぎ2個、セロリ1本、にんにく3片
トマト缶1缶、白ワイン300ml、コンソメ、塩、コショー、砂糖

スネ肉に軽く塩コショウして、小麦粉をまぶしておく



みじん切りした、にんじん、たまねぎ、セロリ、にんにくを
オリーブオイルでしっかり炒めたら、皿にあげておく



下味をつけておいたスネ肉の表面を焼く



スネ肉の表面が焼けたら、さっき炒めた野菜とトマト缶、
白ワイン、コンソメを入れて煮込む



とりあえず、一時間程放置しておく
ダッチ料理は、この時間が楽しいもんだ



一時間程、煮込むとこんな感じ
ホントは、もっと煮込むべきなんだが、腹減って我慢できないので
このまま、フタをあけて焦げ付かないように混ぜながら水分を飛ばす



水分を飛ばしたら、皿に盛り付けてグレモラータ
(パセリ、レモンの皮、にんにくをみじん切りにして混ぜたもの)
を振りかけて完成!



感想は、そこそこうまいけど失敗って感じかな
スネ肉の煮込みがたらなくて硬くて食べるの大変
煮込み料理は、焦らずにゆっくりとやらないとダメね

そして、余ったソースは、翌朝にホットドックを作り
そのソースとして使ったけどこれは、( ゚Д゚)ウマーだった

コメント

オッソブーコ!グレモラータ!
声に出して読みたい日本語です。

ミラノの代表料理っすか♪
ダッチ料理は一度キャンプの時にパエリアを作って楽しかったです♪玉葱のみじんを山ほど切って(ToT)でしたが´д`

みな太さん>
ワロタ
しかし、舌を噛みそうでんなw

ねねさん>
パエリアもいいっすよねぇ
俺も作りましたけど( ゚Д゚)ウマーでしたよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuyan.blog3.fc2.com/tb.php/418-2e393e5a

オッソ・ブーコオッソ・ブーコ(Osso buco)とはミラノおよびロンバルディア州とピエモンテ州を代表する料理のひとつで、仔牛の骨付きスネ肉を厚さ2.5~5cmの輪切りにしトマト、白ワイン、ブイヨン、香味野菜などと煮込んだもの。名称を直訳すると「穴の開いた骨」または「

«  | HOME |  »

Google

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ますやん

ますやん

(・∀・)ノィョ-ゥ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。