2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表vs北朝鮮代表

そんなわけで埼スタで観戦してきました。

日本の国歌は、石川さゆりが独唱。こぶしの効いた「君が代」だった。北朝鮮の国歌の後にブーイングが起きるかなと心配してたんだけども、みんな拍手をして友好的な雰囲気でよかった。

そんなこんなでキックオフし、いきなりFKのチャンスがやってくる
キッカーは、本日の司令塔、小笠原が直接決めて幸先のよいスタート
ところが、この後はズルズルとしたまま前半が終了してしまう。

原因は、中盤の遠藤、福西、三都主にあったように見えた。なんか遠藤と福西の連携が悪く、あのエリアは、北朝鮮に支配されるとこが多かったかな、それと三都主は、ボール持ちすぎ、ドリブルに自身があるのはわかるけども、全盛期のキレのあるドリブルができているようには見えないんだから、さっさとボールがきたらはたけといいたい。もちろん、状況によっては、ドリブルで切り込んでもいいんだけど・・・。

そして、後半に北朝鮮にゴールを許してしまう。敵ながらあの流れの中でのゴールは、とてもキレイなゴールだったので関心してしまった。日本もああいうゴールがほしいんだよなぁ。

同点に追いつかれてから、鈴木→高原は予想通りだったんだけど、田中→俊輔は予想外。小笠原と俊輔とパサーが二人になり、システムも4-4-2に変更されたが、肝心な俊輔と小笠原が重なってしまうことが多く、うまく機能しない。欧州組の加入により、雰囲気はガラっと変わったんだけど・・・。
そして、いまいち本来の調子が出ていなかった玉田をさげ大黒を入れる。あきらめかけていたロスタイムに大黒の勝ち越しゴールが決まって試合終了。結果的には、勝てたけど、まだまだ課題は多いように感じた。

次回のイラン戦には、問題を修正してほしいな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuyan.blog3.fc2.com/tb.php/31-72fd678d

スポーツのあるべき姿を今回のサッカーの試合等を通して考えてみる。 [意見募集中]

無事北朝鮮との試合に勝ったようです。 自分はああいう国と国との威信をかけたスポーツとか、マスコミが 扇動するような大会には全く興味ないのですが、まぁ、自然な感情として 勝てたのはよかったですね。 ところで、わーい、勝てた というだけでいいのかなぁ? サッカー.

«  | HOME |  »

Google

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ますやん

ますやん

(・∀・)ノィョ-ゥ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。