2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番号ポータビリティー制度

来年の10月から、いよいよ携帯電話の番号ポータビリティー制度がはじまるらしい
番号ポータビリティー制度とは、簡単にいうと現在、契約している携帯電話会社を変更しても
今の番号がそのまま使えるといったサービスで海外では一部の国でサービスがはじまっている
これにより、既存の4社(ドコモ、au、Vodafone、TU-KA)に加えてソフトバンクのような新規参入の事業者が数社出てくるでしょう
来年の秋には、キャリア間同士で料金、サービス競争を繰り広げることになるわけだ

携帯を持ち始めて約10年、東京デジタルホン→NTTドコモ→IDO→au→NTTドコモと乗り継いできた
東京デジタルホンを使い始めたのが、就職した時で、この時に地方勤務となり、西日本エリアの
担当になったんだけど、当時は、今みたいに全国どこでも使用できるわけではなくて、契約している
キャリアのサービスを、そのキャリアのサービス範囲外でも、提携している他のキャリアの設備を利用して受けることになっていて通話料が若干高くなっていた。当時のデジタルホンだと確か関東、東海、関西くらいしかカバーしていなくて、他のエリアに出張に出ると使い物にならんのでドコモへ乗り換え
ドコモへ乗り換えて、通話エリアには、満足したけども今度は、通話料金が高すぎてIDOへ変更
そして、IDO、auと数年使ってから、imodeに憧れてドコモへ戻り5年近くなるのかな

番号ポータビリティー制度導入により、電話番号は継続して使えるが、メアドは、キャリアごとに
ドメインが違うので、そこだけが変更になるのは仕方ないかな。当然ながら、変更時には、数千円の手数料を支払うことにはなる

個人的には、今のドコモには不満があるので、いつでも契約を変更をいていいけど諸事情で変更できない
でも、きっと番号ポータビリティー制度を使って変更することは自分はないな
今の番号に愛着もないし、番号とメアドが変更になったことなんて、一斉にPCからメール送ればいいし、そこで、変更をしてくれないヤツは、その時点で電話帳から抹消でいいだろw
ちょうといい電話帳の整理にもなるしね
だから、自分の携帯の電話帳は、キャリアを変更するごとにすっきりするw

コメント

このブログをみなきゃ損する!
見るだけならただ!

携帯電話はやっぱりドコモが一番!
ボーダフォンユーザーのワタシが言うんだから間違いない!(涙
ボーダフォン電波悪いっつーの。
メール送信遅いっつーの。
その他もろもろも使えないっつーの!(怒

でも安い。

マナミ>
業者乙
某所で話題になってるぞw

sakiさん>
ボーダフォンは、周波数の関係もあって建物の中とか弱いですよね
諸事情から開放されたら、auにしてもいいなと思ったりしてます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuyan.blog3.fc2.com/tb.php/149-b2cf922f

«  | HOME |  »

Google

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ますやん

ますやん

(・∀・)ノィョ-ゥ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。